一橋生のバッグの中身を徹底解剖してみた

「あなたのバッグの中身、見せて下さい!」


こんにちは、わらびです。

 

突然ですが、みなさんは他人のバッグの中身が気になりませんか?

わたしは、まぁまぁ気になります。

 

相手の持ち物なんて私には関係ないわ、と思いながらも、見てはいけないものは、見たくなりませんか。だって人間だもの。

 

 

はい、正直に言います。

 

 

一橋生のバッグの中身が見たい!!!!

 

と、いうわけで今回は14人の一橋生+2人の他大生のバッグの中身を見せて頂きました。

 

取材した結果、中身の特徴ごとに5つに分類できると思ったので勝手にジャンルを作りました。

①真面目系

②グチャグチャ系男子

③スポーツ系

④キラキラ感あふれる女子

⑤変わってる系

+他大生2人

 

それではさっそく、一橋生の分身ともいえるバッグの中身をご紹介します!

 

①真面目系

<特徴>一橋生のイメージ通りの中身だった人々。本が多く、ファイルで整頓され、色味が全体的に渋い。

 

モノトーン男子。充電器の巻き方や折り畳み傘(取材日:快晴)から几帳面さがうかがえますね。くににゃんのストラップを投入したいなぁ。

 

いらないものは一切入ってないです。コアラのファイルとスウェットの色的に、日常的に宇宙の神秘とか考えてそう。

 

モノトーン男子No.2。愛読書は形而上学(上)。察するに、筆箱でクリスマス感をしんみり味わってますね。ヒトツマミの画面だ……はい、もちろん編集部員です。

 

えっえっえっ、ポーチも携帯ケースもかわいい!!シンプルだけど、女子らしい色使い、一橋生に多そう。でも持ってる電池の数がおかしいと思うんだ。

 

②グチャグチャ系男子

<特徴>その名の通り、バッグ内が散乱しすぎていて、魔窟だった男子。見る分には面白い。

 

はぁ

 

ほほぉ

 

……

 

理解不能!!

 

・理解不能要素

①右下のファイルが巻物みたく曲がってる

②ティッシュは4つ(1つ空)

筆箱なくして、中身を適当に入れる。授業受ける気あるんですか。

電卓入れてるのは偉い……けど1年生の授業で使わないよね?

⑤水筒あるのにペットボトルのお茶を買う

 

・結論

理解するには生まれ変わらないといけない。ただし生まれ変わりたくはない。

 

並べ方にも悪意を感じる。「はちみつきんかんのど飴」をバッグ内にぶちまけ、コーラガムやのど飴のゴミが散乱。計算用紙もグチャグチャ。充電器はもはや巻かないスタイル。とりあえずファイルを買おう

 

③スポーツ系

<特徴>バッグ内にはもちろんスポーツ用品含みます!スポーツやりつつ真面目って完璧やん。

 

THEパーフェクトボーイ。ベルトのクニャッ感かわいいテスト終わったのにマーケの本を持っていたり、プリント仕分けてたり、全体的に真面目ですね~。しかもテニスノートも書いてるとかパーフェクトヒューマン

 

モノトーンだし真面目……? に見えるけどシャー芯と時計が生のまま。普通に壊れそう。(Twitterで後日、時計が爆破した写真が載ってた)パソコン上にきれいに置いてるけど、3DS持参。……真面目ではなかったね

 

④キラキラ感あふれる女子

<特徴>入れ替わるならこういう女子になりたい。化粧品はもう常識。

 

キティちゃんとかiPhoneケースとかどんだけ女子ぃぃなんだ。IELTS持ってたり意識の高さを感じる。ディスるところがないのはつらい

 

左側一帯が化粧品系。キラキラ女子だ!!! 一円玉だけ財布から出てたり、チュッパチャプスを持ってるのがオ・チャ・メ

 

穏やかな 女子感漂う 淡い色

*ただし勉強してる感は全くない。

 

⑤変わってる系

<特徴>どこにカテゴライズするか分からなかったバッグたち

 

受験日のバッグみたい。1人だけ持ち物が多い。サイコロと耳栓と手作りアイマスク……いつ使うんだ。ディズニーの物を探すのが面白い。このバッグ内こそ夢の国。微積の本を図書館で借りていたり、防寒対策もバッチし。抜け目がないってこういう事。

 

とろサーモンおにぎりしか目に入らない。パソコンケースの色がイケてる。ファイルの柄がキモカワイイ。教科書が一切ないところにも個性を感じる

 

おこづかいちょうが小学生っぽい。100円ショップに売ってるらしい。カラフルだけど、オシャレとは言えない不思議な中身。

 

他大生と比較してみる

一橋生と比べるとキラキラ度が高い。一橋=芋って言われるのも納得。

 

一瞬で慶應ってわかる。「吾輩は猫である」の中の笑えるポイントを考察する授業で手前2冊の本を使うらしい。慶應文学部って不思議。72%のカカオ含有量って濃ゆいチョコ食べてるね。

 

一瞬で早稲法ってわかる。デイジーかわいい。いらないものほど持ってると落ち着ける。早稲田カラーのバッグもオシャレ。なのにお菓子は割とガチなところが良い。

 


バッグの中って本当に個性豊かだなと感じました。なかなか合法的に見れる機会がないので、今回取材できてよかったです。バッグの中に自分の世界観を作ったり、「バッグ㏌バッグ」が整理に役立つなど学べることが多かったです。

 

以上、わらびでした!

 

この記事をシェアしよう!

あわせて読みたい